新しい農林水産業のあり方を協議

12/2 自民党本部で開かれている党農林水産業・地域の活力創造本部の会議に出席しています。
我が国の農林水産業の現場を取り巻く状況は年々厳しくなっています。
基幹的農業従事者の平均年齢は66歳。耕作放棄地はこの20年で2倍に増え、今や滋賀県と同じ規模となっております。
これら諸問題を克服し、本来の活力を取り戻すことは待ったなしの課題です。
国産の牛乳を飲み、気合を入れて会議に臨んでいます。